このページのリンク

<図書>
リュウ ソウゲン シセン
柳宗元詩選 / [柳宗元著] ; 下定雅弘編訳
(岩波文庫 ; 赤(32)-043-1)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2011.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1文庫) 921.43||R98||文庫 1000461971


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||R||43-1 2211079237

書誌詳細を非表示

出版年 2011.5
大きさ 338p : 挿図, 地図 ; 15cm
別書名 原タイトル:柳宗元集
一般注記 「底本は、『柳宗元集』 (中華書局、1979)」とp3にあり
参考文献: p315-318
柳宗元略年譜: p331-337
本文言語 日本語,中国語
著者標目  柳, 宗元(773-819) <liu, zong yuan>
 下定, 雅弘(1947-) <シモサダ, マサヒロ>
分 類 NDC8:921.43
NDC9:921.43
件 名 BSH:柳, 宗元(773-819)
BSH:漢詩
ISBN 9784003204313
NCID BB05677678
書誌ID B000480097
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
中唐の詩人柳宗元は、政治改革を主導した廉で南方の僻遠の地に左遷される。蹉跌に懊悩する心を鎮めてくれたのは、貶謫の地の自然だった。山水に心を癒し、花木の美に己れの矜持を重ねる。稀有な詩人は窮境を乗り越え、遂に人間の真実に至る。魂の遍歴を綴る詩篇。

[目次]
第1章 永州の詩(山水の詩
花木の詩
望郷の詩
詠史の詩
友を思う詩
陶淵明への敬慕
その他)
第2章 北還の詩
第3章 南逐の詩
第4章 柳州の詩

 類似資料