このページのリンク

<図書>
ダザイ シュンダイ ノ シブンロン : ソライガク ノ ケイショウ ト テンカイ
太宰春臺の詩文論 : 徂徠学の継承と転回 / 白石真子著

データ種別 図書
出版者 東京 : 笠間書院
出版年 2012.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 121.56||Sh82 1000478525

書誌詳細を非表示

出版年 2012.1
大きさ xi, 289p ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:太宰春台の詩文論 : 徂徠学の継承と転回
一般注記 底本一覧: pvi-ix
本文言語 日本語
著者標目  白石, 真子 <シライシ, シンコ>
分 類 NDC8:121.56
NDC9:121.56
件 名 BSH:太宰, 春台
ISBN 9784305705754
NCID BB08362516
書誌ID B000494649
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
荻生徂徠に学び“古文辞学”の方法と思想を継承した太宰春臺。如何に読み、如何に書くことで、先王の道を理解し、表現するのか。江戸漢学において未分化であった文学と思想を切断することなく、その視座に立ち戻り、「春臺詩文論」の機能を論証する。

[目次]
はじめに―何故、春臺研究において「詩文論」なのか?
第1部 徂徠、徂徠学派の詩文論(徂徠詩文論のかたち
徂徠文論の形成過程
徂徠学における韓愈・柳宗元)
第2部 春臺の詩文論―徂徠詩文論の継承と転回(春臺詩文論の出発点
春臺“古文辞学”の修養―徂徠詩文論の実践として
『論語』理解における徂徠と春臺の「古言」「古語」
春臺詩文論のかたち ほか)

 類似資料