このページのリンク

<図書>
オオツ チュウ2 イジメ ジサツ : ガッコウ ワ ナゼ メ オ ソムケタノカ
大津中2いじめ自殺 : 学校はなぜ目を背けたのか / 共同通信大阪社会部著
(PHP新書 ; 857)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2013.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 371.42||Ky2 1000506511


東京あだち図書館(3F一般書架) 371.42||Ky2 2211087032


越谷_教職課程03
1000523023


越谷_人間科学部43
1000509051

書誌詳細を非表示

出版年 2013.4
大きさ 253p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  共同通信大阪社会部 <キョウドウ ツウシン オオサカ シャカイブ>
分 類 NDC8:371.4
NDC9:371.42
件 名 BSH:いじめ
NDLSH:いじめ -- 滋賀県 -- 大津市  全ての件名で検索
NDLSH:教育行政 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784569812229
NCID BB12088338
書誌ID B000517975
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「自殺の練習をさせられていた」―生徒たちの埋もれかけていた証言から事件は発覚した。いじめと自殺の因果関係を認めず、調査を打ち切った市教委の対応は、社会問題となった。事務作業や保護者対応に忙殺される教師たち。連携さえとれない現状で、はたして子どもの異変を察知することはできるのか。子ども1人に孤独を背負わせる世の中であっていいのか。私たちはいま、彼らのために何ができるのか―。大津支局記者のスクープで疋田桂一郎賞受賞。全国25紙以上に掲載され大反響となった3部にわたる連載記事をもとに、この事件の真相、そして悩ましき、いじめの構造に迫る。

[目次]
第1章 息子の代弁者になりたい
第2章 先生の感情が見えない
第3章 遺族の真の救いとは
第4章 変わりはじめた教育行政
第5章 同僚性を取り戻せるか
第6章 何がおまえのスイッチなんや
終章 学校だけに委ねない
付録 共同通信が入手した全校生徒アンケートの自由記述欄からの抜粋

 類似資料