このページのリンク

<図書>
キンダイ チュウゴク チシキジン ノ ネーションゾウ : ショウ ヘイリン・リョウ ケイチョウ・ソン ブン ノ ナショナリズム
近代中国知識人のネーション像 : 章炳麟・梁啓超・孫文のナショナリズム / 黄斌著

データ種別 図書
出版者 東京 : 御茶の水書房
出版年 2014.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 311.222||O11 1000522444


越谷_中文科02 個人研究||||H26 1000536284

書誌詳細を非表示

出版年 2014.1
大きさ x, 272, ivp ; 23cm
別書名 異なりアクセスタイトル:近代中国知識人のネーション像 : 章炳麟梁啓超孫文のナショナリズム
一般注記 博士論文 (早稲田大学, 2010年) を加筆したもの
主要参考文献: p267-272
本文言語 日本語
著者標目  黄, 斌(1973-) <オウ, ビン>
分 類 NDC8:311.222
NDC9:311.222
件 名 BSH:章, 炳麟
BSH:梁, 啓超
BSH:孫, 文
BSH:政治思想 -- 中国  全ての件名で検索
BSH:ナショナリズム
ISBN 9784275010469
NCID BB14688846
書誌ID B000530916
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「中華民族」という概念を最初に提唱した梁啓超・章炳麟と孫文のナショナリズム受容及びネーション像模索の軌跡を辿り、なぜ彼らは異なったネーション像を描き、その後しだいに接近していったのか、外部要因や歴史の記憶・伝統文化はどのような影響を与えたのかを考察する。

[目次]
第1章 本書の課題と意義
第2章 研究対象
第3章 章炳麟の排満思想の変遷
第4章 梁啓超の「大民族」論の構築
第5章 「民族主義」をめぐる孫文の「固持」と「妥協」
第6章 中華民族の出自と中華民族像の模索

 類似資料