このページのリンク

<図書>
ココロ ト カラダ ノ フチョウ ワ ハ ガ ゲンイン ダッタ
心と体の不調は「歯」が原因だった! / 丸橋賢著
(PHP新書 ; 533)

データ種別 図書
出版者 [東京] : PHP研究所
出版年 2008.7

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 497.6||Ma54 2211071111

書誌詳細を非表示

出版年 2008.7
大きさ 234p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:心と体の不調は歯が原因だった
本文言語 日本語
著者標目  丸橋, 賢(1944-) <マルハシ, マサル>
分 類 NDC8:497.6
NDC9:497.6
件 名 BSH:歯科矯正学
ISBN 9784569700465
NCID BA86553200
書誌ID B000743203
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
うつ病、不定愁訴、アレルギー、腰痛、肩コリなどの諸症状が、咬み合わせを治すことで改善された!内科や外科に通ってもよくならなかったのに、なぜ?じつは、歯は身心を支える主柱であり、その微妙なズレが万病の元だった。咬み合わせを正せば、セロトニンの分泌を促し、免疫力も高まる。暗算が速くなったり、運動選手の成績がアップした事例もあるという。歯を調整することで、潜在能力が全開するのだ。長年の臨床経験から、咬合治療の効果を紹介。壊れやすい現代人の心と体をチューニング。

[目次]
序章 現代人の不調の原因は歯にあった!
第1章 壊れやすい現代人
第2章 日本人は退化してきた
第3章 歯を整えれば潜在能力が全開する
第4章 体を鍛えれば不調は改善される
第5章 心と体の健康のもとは食にあり
第6章 人間破壊をもたらす怖い不良治療―よい治療は心と体を治す
第7章 強い心を育てる

 類似資料