このページのリンク

<図書>
メジャー リーグ ノ WBC セカイ センリャク : ロクセンオクエン ビジネス ノ カラクリ
メジャーリーグのWBC世界戦略 : 六〇〇〇億円ビジネスのからくり / 古内義明著
(PHP新書 ; 593)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2009.5

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 783.7||F94 2211073431

書誌詳細を非表示

出版年 2009.5
大きさ 217p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:メジャーリーグのWBC世界戦略 : 6000億円ビジネスのからくり
一般注記 参考文献: p217
本文言語 日本語
著者標目  古内, 義明(1968-) <フルウチ, ヨシアキ>
分 類 NDC8:783.7
NDC9:783.7
件 名 BSH:野球
ISBN 9784569707945
NCID BA89844593
書誌ID B000748609
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
日本のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)二連覇を、いちばん喜んでいるのは、WBC主催者のメジャーリーグかもしれない。なぜなら日本がWBCで熱狂するほど、メジャーリーグに巨額の利益が転がり込む仕組みだからである。新しいビジネスモデルが功を奏し、収益倍増でいまや年商六〇〇〇億円に達したメジャーリーグの国際化戦略とは?どうすれば松坂投手に一二〇億円を出して収益を上げることができるのか?ビジネス・スキーム、人事、人心掌握術、マーケティングなどの観点からメジャーリーグを徹底分析。

[目次]
第1章 マネジメント―メジャーの二一世紀型ビジネス戦略(年間六〇〇〇億円を売り上げるMLB
生き残りをかけたWBC戦略
史上最大の球宴は最高のビジネスチャンス
誰がメジャーの球団を買うのか?
既存の概念を超えた新時代のオーナー像)
第2章 マーケティング―金融不況に打ち克つスキーム(もはや国民的娯楽とは言えなくなった
自前の放送局を傘下に置くビジネスモデル
お金がなくてもヤンキースに勝つ方法)
第3章 ブランディング―黄金の国ジパング(日本人メジャーリーガーは「助っ人外国人」
高騰するダルビッシュ株
日本球界はメジャーの二軍なのか?
福留孝介はカブスを救えるか?
松坂大輔には一二〇億の価値があった)
第4章 ストラテジー―アジア市場を開拓せよ(メジャーの扉を開いた野茂英雄
すさまじかった野茂の経済効果
野茂“任意引退”の功罪
北京五輪は最大のショーケース
メジャーはなぜアジアを目指すのか)
第5章 トレンド―メジャーの格差社会(世界最強の球団経営はファミリービジネス
メジャー年俸闘争の現在・過去・未来
日本プロ野球の断末魔)

 類似資料