このページのリンク

<図書>
ゴラク トシ エド ノ ユウワク
娯楽都市・江戸の誘惑 / 安藤優一郎著
(PHP新書 ; 610)

データ種別 図書
出版者 [東京] : PHP研究所
出版年 2009.7

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 384.8||A47 2211074266

書誌詳細を非表示

出版年 2009.7
大きさ 205p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:娯楽都市江戸の誘惑
一般注記 参考文献: p205
本文言語 日本語
著者標目  安藤, 優一郎(1965-) <アンドウ, ユウイチロウ>
分 類 NDC8:384.8
NDC9:384.8
件 名 BSH:娯楽 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:東京都 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 江戸時代  全ての件名で検索
ISBN 9784569709840
NCID BA9084571X
書誌ID B000750898
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
芝居、相撲、寄席、見世物、花見、寺社の開帳、富突、大食い大会―天下泰平の江戸の町では、毎日どこかでイベントが行われていた。八百八町には刺激的な娯楽空間が多く、江戸っ子たちが遊びに費やした金が莫大な経済効果をもたらし、町を活性化させていたのである。本書は、江戸の経済を動かしたのは大商人ではなく、意外にも庶民であることを焙り出している。歓楽街で花開いた娯楽産業が、飲食業や出版業とのコラボレーションで、巨大ビジネスへと発展していくさまは、現代を彷彿とさせる。

[目次]
第1章 浅草は最大の歓楽街(外国人の見た江戸の町
浅草寺はイベント会場
経済効果は計り知れず)
第2章 江戸の三大娯楽産業(宮地芝居の心意気
相撲興行は大賑わい
寄席は夜のお楽しみ)
第3章 夢の千両富(富札の購入
当せん金の泣き笑い
興行の舞台裏)
第4章 開帳を支える豪商たち(三井家とお稲荷様
住友家とお釈迦様)
第5章 巨大化していく遊興ビジネス(飲食業とのコラボレーション
「講」が支えた出開帳
隅田川・両国に流れ込む富
出版業との相乗効果)

 類似資料