このページのリンク

<図書>
ナゼ カンコク キギョウ ワ セカイ デ カテルノカ : シンコウコク ビジネス サイゼンセン
なぜ韓国企業は世界で勝てるのか : 新興国ビジネス最前線 / 金美徳 [著]
(PHP新書 ; 775)

データ種別 図書
出版者 [東京] : PHP研究所
出版年 2011.12

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 335.221||Ki41 2211081235

書誌詳細を非表示

出版年 2011.12
大きさ 292p : 挿図, 地図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:なぜ韓国企業は世界で勝てるのか : 新興国ビジネス最前線
本文言語 日本語
著者標目  金, 美徳(1962-) <キム, ミドク>
分 類 NDC9:335.2
件 名 NDLSH:企業 -- 大韓民国  全ての件名で検索
ISBN 9784569802145
NCID BB07699208
書誌ID B000768887
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ここ一〇年足らずの韓国企業の躍進は、かつて日本企業が世界に進出した時とは異なる特徴をもっている。技術力も資金調達力も日本に及ばない韓国の武器は何なのか。世界有数のグローバル企業となった韓国四大財閥(サムスン、ヒュンダイ自動車、SK、LG)の強さの秘密を徹底的に分析。韓国企業の強みと弱み、グローバル戦略と新興国ビジネスモデルの特徴など、豊富な具体例で明らかにする。韓国企業には学べる点と学べない点がある。日本企業に欠けた情報や視点を提供することで、日本経済の再興に資する。

[目次]
プロローグ マーケティング重視の韓国企業とモノ作り重視の日本企業
第1章 サムスン財閥
第2章 ヒュンダイ自動車財閥
第3章 SK財閥
第4章 LG財閥
第5章 韓国財閥の影
第6章 韓国の視点を生かしたグローバルビジネス
エピローグ 日本再生の鍵を握るアジア・グローバル人材

 類似資料