このページのリンク

<図書>
シアワセナ ショウコク オランダ ノ チエ : サイガイ ニモ マケナイ イノベーション シャカイ
幸せな小国オランダの智慧 : 災害にも負けないイノベーション社会 / 紺野登著
(PHP新書 ; 780)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2012.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 302.359||Ko75 2211081238

書誌詳細を非表示

出版年 2012.1
大きさ 253p : 挿図 ; 18cm
一般注記 おもな参考文献: p252-253
本文言語 日本語
著者標目  紺野, 登(1954-) <コンノ, ノボル>
分 類 NDC8:302.359
NDC9:302.359
件 名 BSH:オランダ
NDLSH:オランダ
ISBN 9784569803180
NCID BB07908374
書誌ID B000768889
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
スウェーデン、フィンランドなど北欧諸国を抑えて「子どもの幸福度」1位に輝くオランダ。400年の交流がありながら、日本人はこの小国をあまり意識してこなかった。ところが震災を経て混迷を深めるいま、1000年に及ぶ洪水との死闘を乗り越え、欧州屈指の低失業率で経済的にも安定を続けるオランダが一躍注目されている。自由闊達な対話を認め、問題解決に向け協力し合う関係性豊かな社会。日本人にもっとも欠けている「不確実性に強い知的弾力性」はどこからくるのか?“オランダ的思考”の強さの秘密。

[目次]
プロローグ 「予測不能な時代」を生き抜くための力とは
第1部 いま、なぜオランダなのか?(「トモダチ」でも「遠い」友人―オランダという映し鏡
災害を乗り越えてきた不屈の歴史―自然災害と経済災害
オランダから見る「内向き日本」―鎖国の真実をよく知る国
小国オランダの知識経済戦略―国民一人ひとりの持続的な豊かさ)
第2部 人のつながりを力に変える(ソーシャルキャピタルとは何か―関係性が資本となる
個人主義と集団主義の矛盾なき両立―オランダ的「場」の思考
いまオランダが抱える問題―自由の代償
混沌を許容する文化―対話し続ける人々)
第3部 オランダ人のイノベーション力(「製造業」と「サービス業」の垣根を越えて―経済格差とグローバル展開
思い込みから解き放たれた経営―シナリオ的アプローチ
会社に縛られない働き方―ネットワークとコミュニケーション
「オランダ的思考」の原点―人間の知を無駄にしない哲学)
エピローグ 「美徳」の資本主義

 類似資料