このページのリンク

<図書>
セイカツシ センゲン : ライフ ヒストリー ノ シャカイガク
生活史宣言 : ライフヒストリーの社会学 / 有末賢著

データ種別 図書
出版者 東京 : 慶應義塾大学出版会
出版年 2012.8

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 361.16||A76 2111120827

書誌詳細を非表示

出版年 2012.8
大きさ viii, 394p ; 22cm
別書名 標題紙タイトル:A life history manifesto
内容注記 生活史宣言の意図
生活史研究の視角
生活研究とライフヒストリー
再帰性とライフヒストリー
質的社会学としての生活史研究
〈意味の社会学〉と生活史研究
生活史における記憶と時間
生活史調査の意味論
移民研究と生活史研究
日系ペルー人のエスニシティ変容
個人生活史の解釈
彷徨するアイデンティティ
生と死のライフヒストリー
一般注記 参考文献: p369-386
博士論文『生活史の社会学 : その方法と課題』(慶応義塾大学, 2002年) を一部改稿し、新たな章を加えたもの
本文言語 日本語
著者標目  有末, 賢(1953-) <アリスエ, ケン>
分 類 NDC8:361.16
NDC9:361.16
件 名 BSH:社会学
BSH:伝記
BSH:インタビュー
NDLSH:社会学 -- 方法論  全ての件名で検索
NDLSH:社会調査
ISBN 9784766418835
NCID BB09933102
書誌ID B000771526
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
個人化の時代における生活史とは何か。人間の「個性」と「時代状況」を結び付ける生活史研究の方法論的課題と可能性に迫る。

[目次]
生活史宣言の意図
第1部 現代社会学と生活史研究(生活史研究の視角
生活研究とライフヒストリー
再帰性とライフヒストリー)
第2部 生活史の意味論(質的社会学としての生活史研究
“意味の社会学”と生活史研究
生活史における記憶と時間
生活史調査の意味論)
第3部 生活史の応用と解釈(移民研究と生活史研究
日系ペルー人のエスニシティ変容
個人生活史の解釈
彷徨するアイデンティティ)
生と死のライフヒストリー

 類似資料