このページのリンク

<図書>
スポーツ ノ セカイ ワ ガクレキ シャカイ
スポーツの世界は学歴社会 / 橘木俊詔, 齋藤隆志著
(PHP新書 ; 832)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2012.11

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 780.21||Ta13 2211083382

書誌詳細を非表示

出版年 2012.11
大きさ 273, ivp : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: 巻末pi-iv
本文言語 日本語
著者標目  橘木, 俊詔(1943-) <タチバナキ, トシアキ>
 齋藤, 隆志(1976-) <サイトウ, タカシ>
分 類 NDC9:371.3
NDC9:780
件 名 BSH:学歴社会
BSH:スポーツ選手
NDLSH:スポーツ -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:運動選手 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:学歴
ISBN 9784569808680
NCID BB10801211
書誌ID B000772149
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
実力がものをいう世界…そんなスポーツ選手のあいだに変化が起きている。大卒の割合が格段にふえているのだ。しかも驚くべきことに、彼らのほうが、若くしてプロや企業チームに飛び込んだ高卒よりも「成功」する確率が高い。1965〜2010年までの2421人のプロ野球選手を分析すると、選手として長く活躍するうえでも、引退後に指導者となるためにも、特定の大学を卒業すると有利であることがわかった。野球、サッカー、ラグビー、駅伝、相撲―プロ・アマそれぞれを代表する5つの競技を、計量経済学の手法でデータ解析。企業社会同様、学歴や出身校に左右される現実が明らかに。

[目次]
第1章 スポーツ界における学歴と学校歴(スポーツ選手が大学に進学するメリット
スポーツ選手の学歴構成 ほか)
第2章 スポーツの発展と学校スポーツ(戦前の学校スポーツが発展した経緯
学生サッカーが発展した経緯)
第3章 スポーツ指導者に学歴や学校歴は必要か(スポーツ指導者になるために学歴は重要か?
スポーツ指導者になる人の学歴と学校歴 ほか)
第4章 スポーツを終えたあとの人生(卒業後のスポーツ選手の人生
引退後のプロ選手はどこへ行く?)
第5章 高校・大学におけるスポーツ優遇策の功罪(早稲田大学のスポーツ優遇策を検証する
同志社・立命館のスポーツ優遇策を検証する ほか)


 類似資料