このページのリンク

<図書>
コモンウェルス : 「テイコク」オ コエル カクメイロン
コモンウェルス : 「帝国」を超える革命論 / アントニオ・ネグリ, マイケル・ハート著 ; 幾島幸子, 古賀祥子訳
(NHKブックス ; 1199-1200)

データ種別 図書
出版者 東京 : NHK出版
出版年 2012.12

所蔵情報を非表示


湘南図書館(3F一般書架) 311.1||N62||1 2211084147

湘南図書館(3F一般書架) 311.1||N62||2 2211084148

書誌詳細を非表示

出版年 2012.12
大きさ 2冊 ; 19cm
別書名 原タイトル:Commonwealth
異なりアクセスタイトル:コモンウェルス : 帝国を超える革命論
一般注記 監訳: 水島一憲
本文言語 日本語
著者標目  Negri, Antonio, 1933-
 Hardt, Michael
 幾島, 幸子(1951-) <イクシマ, サチコ>
 古賀, 祥子 <コガ, サチコ>
 水嶋, 一憲(1960-) <ミズシマ, カズノリ>
分 類 NDC9:311
NDC9:311.7
NDC9:311.1
件 名 BSH:政治哲学
NDLSH:政治哲学
NDLSH:民主主義
ISBN 9784140911990
NCID BB11176382
書誌ID B000776528
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「コモンウェルス」とは何か?―ますます進行するグローバリゼーションのなかで、国境を越えて私たちに働きかけてくる“帝国”という権力と、それに対抗する多数多様な人びとの集合体=マルチチュード。“帝国”が法にのっとって収奪を試みるのも、マルチチュードが生産し、かつ“帝国”と闘うための武器とするのも、“共”という富=コモンウェルスである。それはいかにしてつくられ、どのような可能性を秘めるのか。絶対的民主主義を追究する“帝国”論の完結篇。

[目次]
第1部 共和制(と貧者のマルチチュード)(所有財産の共和制
生産的な身体
貧者のマルチチュード)
第2部 近代性(と別の近代性の風景)(抵抗する反近代性
近代性のアンビバレンス
別の近代性)
第3部 資本(と“共”的な富をめぐる闘い)(資本構成の変貌
階級闘争―危機から脱出へ
マルチチュードの好機)

 類似資料