このページのリンク

<図書>
ウェブ トワ スナワチ ゲンジツ セカイ ノ ミライズ デアル
ウェブとはすなわち現実世界の未来図である / 小林弘人著
(PHP新書 ; 919)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2014.4

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) 548.93||Ko12 2211086618

書誌詳細を非表示

出版年 2014.4
大きさ 216p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:ウェブとはすなわち現実世界の未来図である
本文言語 日本語
著者標目  小林, 弘人(1965-) <コバヤシ, ヒロト>
分 類 NDC8:007.3
NDC9:007.3
件 名 BSH:情報と社会
BSH:インターネット
ISBN 9784569816715
NCID BB15198398
書誌ID B000781609
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
とてつもない速度で世の中を変えていくテクノロジーとインターネット。いまや私たちの社会はウェブ抜きでは成立しえず、それどころか今後は「現実世界のほうがウェブで培われた思考様式、心理状態をコピーしていく」と著者はいう。ウェブ2.0以降の世界でソーシャルメディアがもたらした「人間中心主義」、そのなかで胎動し、新しいビジネスを次々と生み出す「シェア」とは何か。グーグルグラスや3Dプリンタは人間の生き方をどう変化させ、昨日の常識が通じない時代に企業や個人はいかなる視座をもつべきか。インターネット黎明期からその進化と歩をともにした著者が、未来への希望を描き出す一書。

[目次]
第1章 ウェブ2.0以降の世界はこう変わった(人間中心主義へと向かうインターネット
ウェブ1.0のパワーとは「中抜き力」 ほか)
第2章 「シェア」が生み出す新しい資本主義(グーグルが無料で利便性を提供する理由
「スマイル0円」というマニュアル化の極致 ほか)
第3章 なぜ日本企業は「オープン」に対応できないのか(カーナビメーカーを苦しめるグーグル
次の勝者は「多くをつなげてしまった人」になる ほか)
第4章 「ウェブをコピーした社会」が向かう未来(SFの世界を想起させるグーグルグラス
現実と仮想を重ね合わせるミクスト・リアリティ ほか)
第5章 常識の通じない時代を生き抜く「7つの視座」(リアル社会にこそ「ウェブ的思考」を持ち込もう
失敗をしよう。失敗を許そう ほか)

 類似資料