このページのリンク

<図書>
エイゴ ト ニホングン : シラレザル ガイコクゴ キョウイクシ
英語と日本軍 : 知られざる外国語教育史 / 江利川春雄著
(NHKブックス ; 1238)

データ種別 図書
出版者 東京 : NHK出版
出版年 2016.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 390.7||E67 1000555016


東京あだち図書館(3F一般書架) 390.7||E67 2211091396


越谷_外語科07
1000587583

書誌詳細を非表示

出版年 2016.3
大きさ 281p : 挿図 ; 19cm
一般注記 主要参考文献: p271-278
本文言語 日本語
著者標目  江利川, 春雄(1956-) <エリカワ, ハルオ>
分 類 NDC8:390.7
NDC9:390.7
件 名 BSH:軍事教育 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:英語教育 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:軍事教育 -- 日本 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:英語教育 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784140912386
NCID BB20943766
書誌ID B000829165
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
幕末に本格化した外国語教育は近代陸海軍創設に礎となり、日本の帝国主義の道のりを下支えしてきた。一方、その終焉をもたらした一因も外国語教育にあった。陸海軍の制度的問題と教育戦略の欠如が結びつき、現地での軍事行動に支障をきたすまでに至った。はたして軍エリートの養成学校でいかなる教育が行われていたのか。当時の教科書や残された手記の分析、生存者への取材から、その実態に迫るとともに、戦後日本への連続性を明らかにする。

[目次]
序章 英語教育の敗戦
第1章 近代陸海軍の創設と外国語(幕末の軍制改革と西洋列強
明治政府による日本軍の近代化)
第2章 日本軍の外国語教育はどう変遷したか(日清・日露戦争から第一次世界大戦へ
軍縮期からアジア・太平洋戦争まで)
第3章 アジア・太平洋戦争期の英語教育(昭和陸軍の英語教育
昭和海軍の英語教育)
第4章 戦後日本の再建と英語(英語教育の振興策と親米国民の育成
旧日本軍の語学的遺産
戦前と戦後の連続性)

 類似資料