このページのリンク

<図書>
ミダース オウ
ミダース王 / 西澤龍生著
(Century books ; . 人と思想 ; 181)

データ種別 図書
出版者 東京 : 清水書院
出版年 2016.9

所蔵情報を非表示

: 新装版
越谷図書館(2F一般書架) 164.31||N87 1000559490

書誌詳細を非表示

出版年 2016.9
大きさ 274p, 図版 [1] p ; 19cm
一般注記 ミダース王関連年表: p246-251
参考文献: p252-265
本文言語 日本語
著者標目  西沢, 龍生(1928-) <ニシザワ, リュウセイ>
分 類 NDC8:164.31
NDC9:164.31
件 名 BSH:神話 -- ギリシア・ローマ  全ての件名で検索
ISBN 9784389421816
NCID BB22291101
書誌ID B000838681
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ミダースとは、伝説のフリュギア王。触れるものことごとくが黄金になるよう願って散々な目にあう物語と、神様のお咎めでロバの耳を付けられてしまう物語とで、広く知られている。古代東方の大空間におけるロバ飼育文化圏の西漸という深層底流の、フリュギアは鍵を握る一翼であり、歴史上のミダースは、そこに君臨する僭主であった。物語で彼が隠そうとしたロバの耳は、往昔はむしろ王者の権標であり、威信の源であった。しからばロバが賎視の対象となるのはいつから、また何故か。ギリシア神話の一隅から、母胎となるオリエント・地中海世界の謎の一つに、広角レンズで多彩な光景を甦らせようと試みた。

[目次]
1 黄金のミダース(説話の風景
魔法の指輪
僭主の条件)
2 王様の耳はロバの耳(耳の懲罰
馬人ケイロンの問題
音楽の誕生とロバ飼育
ロバの西漸
頭巾と仮面
戦争と平和)

 類似資料