このページのリンク

<図書>
ニーチェ : ミズカラ ノ ジダイ ト タタカウ モノ
ニーチェ : みずからの時代と闘う者 / ルドルフ・シュタイナー著 ; 高橋巖訳
(岩波文庫 ; 青(33)-700-1)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2016.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 134.94||St4||文庫 1000563556


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||B||700-1 2211093043

書誌詳細を非表示

出版年 2016.12
大きさ 233p ; 15cm
別書名 原タイトル:Friedrich Nietzsche ein Kämpfer gegen seine Zeit
異なりアクセスタイトル:ニーチェみずからの時代と闘う者
一般注記 原著「Friedrich Nietzsche ein Kämpfer gegen seine Zeit」の全訳、底本は、Weimar, Verlag von Emil Felber, 1895を使用
Friedrich Nietzscheと題する2つの講義も収録、Iは「霊学の光の中のフリードリヒ・ニーチェ」(1908年6月, デュッセルドルフでの講義。『世界の諸問題、人生の諸問題についての人智学からの答え』GA108, 1908.3.14-1909.11.21までの講義)、IIは同題(1909年3月, ベルリンでの講義。『霊をどこに、どのように見出すのか』GA57, 1908.10.15-1909.5.6までの講義)を底本とした
シュタイナー略年譜: p229-233
本文言語 日本語
著者標目  Steiner, Rudolf, 1861-1925
 高橋, 巌(1928-) <タカハシ, イワオ>
分 類 NDC8:134.9
NDC9:134.94
件 名 LCSH:Nietzsche, Friedrich Wilhelm, 1844-1900
NDLSH:Nietzsche, Friedrich Wilhelm(1844-1900)
ISBN 9784003370018
NCID BB22685606
書誌ID B000842677
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
シュタイナーは、時代に対して実存的、主体的に生きることによって、同時代人でもある孤高の哲学者ニーチェの思想「超人」に出会う。本書は、他の多くの論考に先駆けて、すでに19世紀末に発表された本格的なニーチェ論であり、シュタイナー思想の原点ともいうべき重要作である。

[目次]
第1章 性格(知性と本能
生きることに価値があるのか
生きる力―創造力と権力 ほか)
第2章 超人(大いなる軽蔑
内からの呼び声
二つの本能―蛇と鷲 ほか)
第3章 ニーチェ思想の展開(マクス・シュティルナー
ショーペンハウアー
ディオニュソス的芸術 ほか)
講義 フリードリヒ・ニーチェ

 類似資料