このページのリンク

<図書>
クラッシャー ジョウシ : ヘイキ デ ブカ オ オイツメル ヒトタチ
クラッシャー上司 : 平気で部下を追い詰める人たち / 松崎一葉著
(PHP新書 ; 1080)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 498.8||Ma92 2211093569

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 203p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  松崎, 一葉(1960-) <マツザキ, イチヨウ>
分 類 NDC8:498.8
NDC9:498.8
件 名 BSH:労働衛生
BSH:精神衛生
BSH:管理者(経営管理)
ISBN 9784569832050
NCID BB2290934X
書誌ID B000847265
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「俺はね、(部下を)5人潰して役員になったんだよ」。大手某社に産業医である著者が招かれた際、その会社の常務が言い放った言葉である。このように部下を精神的に潰しながらどんどん出世していく人たちのことを、精神科医の牛島定信氏と彼の教え子である著者は「クラッシャー上司」と名付けた。クラッシャー上司には「自分は善である」という確信があり、他人への共感性が決定的に欠如している。精神的に未熟な「デキるやつ」なのだ。本書では著者が豊富な経験に基づいてクラッシャー上司の具体例を紹介。さらに精神構造、社会背景を分析し、最終章で対策を述べる。

[目次]
第1章 いったい彼らは何者か―クラッシャー上司の実態(つきっきりの指導
表情ひとつ変えない雪隠づめ ほか)
第2章 クラッシャーの精神構造―未熟なデキるやつ(父親の言葉がクラッシャーを生んだ
「未熟型うつ」の例)
第3章 クラッシャーを生む日本の会社―滅私奉公の時代の終わり(東芝粉飾事件
なぜ死ぬまで人を働かせるのか ほか)
第4章 クラッシャー対策―その暴力から身を守るために(GRR―ストレスに対抗するためのリソース
CSRを適切に実行すれば、会社のGRRは必然的に高まる ほか)

 類似資料