このページのリンク

<図書>
ミツコシ イセタン モノズクリ ノ テツガク : アラタ ナ チョウセン ワ スベテ 「ゲンバ」 カラ ハジマル
三越伊勢丹モノづくりの哲学 : 新たな挑戦はすべて「現場」から始まる / 大西洋, 内田裕子著
(PHP新書 ; 1081)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 673.838||O66 2211093570

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 280p : 挿図, 肖像 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:三越伊勢丹モノづくりの哲学 : 新たな挑戦はすべて現場から始まる
本文言語 日本語
著者標目  大西, 洋(1955-) <オオニシ, ヒロシ>
 内田, 裕子 <ウチダ, ユウコ>
分 類 NDC8:673.8
NDC9:673.838
件 名 BSH:三越伊勢丹
BSH:製品計画
NDLSH:百貨店
ISBN 9784569831237
NCID BB22893396
書誌ID B000847266
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
三越伊勢丹ホールディングス社長に就任して以来、大西洋氏は「仕入構造改革」をはじめ、次々と新たな改革に乗り出し、“殿様商売”然とした百貨店ビジネスの常識を覆してきた。そして、次なる改革のステージは、バイヤーやスタイリスト(販売員)が自ら産地に足を運んでの商品開発への挑戦。いちプライベート商品が一つのブランドへと成長した「ナンバートゥエンティワン」(婦人靴)をはじめ、ジャーナリストの内田裕子氏はプロジェクトの立ち上げからつぶさに取材。大西社長との対話を通じ、世界市場をも睨む三越伊勢丹のmade in Japan.のモノづくりに迫る!

[目次]
第1章 なぜ、三越伊勢丹はモノづくりに乗り出したのか
第2章 衰退の靴職人が「シンデレラストーリー」の主役へ―“ナンバートゥエンティワン”の大ヒット
第3章 日本製の糸で紡ぐ―ベビー肌着“キセット”
第4章 生地にストーリーを―尾州の毛織物
第5章 スピードよりも丁寧さ―流行ではなく本質で勝負する葛利毛織工業
第6章 世界基準のモノづくりを目指して―日本最高のシルクでパリで勝負する藤本商店
第7章 大西洋社長、大いに語る

 類似資料