このページのリンク

<図書>
ガン デ シヌ ケン、シナナイ ケン : ナゼ カクサ ガ ウマレル ノカ
がんで死ぬ県、死なない県 : なぜ格差が生まれるのか / 松田智大著
(NHK出版新書 ; 507)

データ種別 図書
出版者 東京 : NHK出版
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 491.65||Ma74 2211093605

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 219p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:がんで死ぬ県死なない県 : なぜ格差が生まれるのか
本文言語 日本語
著者標目  松田, 智大 <マツダ, トモヒロ>
分 類 NDC8:494.5
NDC9:494.5
件 名 BSH:
ISBN 9784140885079
NCID BB22901326
書誌ID B000848158
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
東京都の乳がん、北海道の肺がん、福岡県の肝がん…あなたの県が「かかりやすいがん」は?青森県や大阪府は、なぜ他県に比べてがんで「亡くなりやすい」のか?国立がん研究センターの調査から、都道府県ごとのがんの特徴に迫り、見えてきた実態と課題を明らかにする。地域の視点からがんを捉えなおす、本邦初の一冊!

[目次]
序章 がんにも「地域差」がある(私たちは、なぜがんになるのか
がん情報を国が集める意義 ほか)
第1章 がんになる県、ならない県“東日本編”(北海道・東北地方
関東地方 ほか)
第2章 がんになる県、ならない県“西日本編”(近畿地方
中国・山陰地方 ほか)
第3章 死亡率を改善するために(「がん登録」の教訓
がんのリスクを見極める ほか)

 類似資料