このページのリンク

<図書>
ラカン シンリ ノ パトス : センキュウヒャクロクジュウネンダイ フランス シソウ ト セイシン ブンセキ
ラカン真理のパトス : 一九六〇年代フランス思想と精神分析 / 上尾真道著

データ種別 図書
出版者 京都 : 人文書院
出版年 2017.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 146.1||U46 1000566542

書誌詳細を非表示

出版年 2017.3
大きさ 342p : 挿図 ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:ラカン : 真理のパトス : 1960年代フランス思想と精神分析
本文言語 日本語
著者標目  上尾, 真道(1979-) <ウエオ, マサミチ>
分 類 NDC9:146.1
件 名 FREE:Lacan, Jacques, 1901-1981
BSH:精神分析
ISBN 9784409340509
NCID BB23322914
書誌ID B000853085
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
1960年代政治の季節、それは精神分析にとっても画期となる時代であった。医者でもなく心理士でもない特異な存在としての精神分析家、何としてもラカンはそれを歴史のうねりの中から生み出す必要があった。起伏に満ちたその運動の軌跡を、具体的文脈に沿い同時代の視点から捉える、気鋭による白熱の論考。

[目次]
第1章 戦後フランスの心‐政治―ラカン思想の舞台
第2章 理論の実践―アルチュセールとの距離
第3章 真理への情熱―ラカンのエピステモロジー
第4章 運命とのランデブー―ラカン、ドゥルーズ、ストア哲学
第5章 精神分析実践とマゾヒズム―教育の舞台装置
第6章 行為と言説―六八年五月の閾の上で
第7章 “科学”時代の享楽身体
結論に代えて―「すべてでない」時代に

 類似資料