このページのリンク

<図書>
ブツリュウ ワ セカイシ オ ドウ カエタ ノカ
物流は世界史をどう変えたのか / 玉木俊明著
(PHP新書 ; 1129)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2018.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 678.2||Ta78 1000578370


東京あだち図書館(2F一般書架) 678.2||Ta78 2211098023


越谷_社会研05
1000573407

書誌詳細を非表示

出版年 2018.1
大きさ 219p : 挿図, 地図 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  玉木, 俊明(1964-) <タマキ, トシアキ>
分 類 NDC9:672
NDC10:678.2
NDLC:DE213
件 名 BSH:流通 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:貿易 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:貿易 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784569837666
NCID BB25300683
書誌ID B000866789
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
国力を左右する主な要因は軍事力や工業力、あるいは人口だと考えられることが多い。だが多くの識者にとって盲点となっている重要なファクターが一つある。「物流」である。漢の武帝はヨーロッパに先駆けて、物流に国家が介入するシステムを構築して財政を安定させた。オランダはバルト海地方から輸入した穀物を、食料不足にあえいでいた欧州各地に運搬することで覇権国家となり、イギリスではクロムウェルが航海法を制定したことがパクス・ブリタニカの要因となった。さらにフェニキア人の活躍から社会主義国家の決定的な弱点まで、経済史研究の俊英が平明に語る。

[目次]
フェニキア人はなぜ地中海貿易で繁栄したのか
なぜ、東アジアはヨーロッパに先駆けて経済発展したのか
イスラーム王朝はいかにして国力を蓄積したのか
ヴァイキングはなぜハンザ同盟に敗れたか
なぜ中国は朝貢貿易により衰退したのか
地中海はなぜ衰退し、バルト海・北海沿岸諸国が台頭したのか
喜望峰ルートは、アジアと欧州の関係をどう変えたか
東インド会社は何をおこなったのか
オランダはなぜ世界で最初のヘゲモニー国家になれたのか
パクス・ブリタニカはなぜ実現したのか
国家なき民は世界史をどう変えたのか1―アルメニア人
国家なき民は世界史をどう変えたのか2―セファルディム
イギリスの「茶の文化」はいかにしてつくられたのか
なぜイギリスで世界最初の工業化(産業革命)が生じたのか
アメリカの「海上のフロンティア」とは
一九世紀、なぜ西欧とアジアの経済力に大差がついたのか
社会主義はなぜ衰退したのか

 類似資料