このページのリンク

<図書>
ゲンダイ シャカイ ニオケル セイ ト ゾク : デュルケム・9.11 テロ・イコマ・ザイニチ コリアン
現代社会における聖と俗 : デュルケム・9.11テロ・生駒・在日コリアン / 飯田剛史著

データ種別 図書
出版者 東京 : 国書刊行会
出版年 2018.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 161.3||I26 1000577672

書誌詳細を非表示

出版年 2018.2
大きさ 346p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:現代社会における聖と俗 : デュルケム9.11テロ生駒在日コリアン
一般注記 参考文献一覧: p316-331
本文言語 日本語,英語
著者標目  飯田, 剛史(1949-) <イイダ, タカフミ>
分 類 NDC8:161.3
NDC9:161.3
件 名 BSH:宗教社会学
ISBN 9784336062024
NCID BB25684257
書誌ID B000877343
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
デュルケム理論を批判的に継承し、9.11テロ、大本教、生駒山地、在日コリアンをフィールドとして、現代日本の聖と俗のあり方を調査。“聖と俗”の分析を進めた著者積年の研究成果を凝縮した集大成。

[目次]
第1部 デュルケム宗教社会学の視座と現代世界(9.11テロ事件からイラク戦争へ―「集合表象‐集合力」モデルによる解明
デュルケムの儀礼論における集合力と象徴
デュルケムとバーガーの宗教社会学)
第2部 日本宗教の構造と諸相―大本・生駒(現代宗教の構造
新宗教の日常化―「大本」京都本苑4支部の事例
生駒の宗教・探訪
今東光と生駒・八尾の宗教文化)
第3部 コリアン宗教の諸相(在日コリアンの宗教―文化創造の過程
水辺の賽神―龍王宮・箱作・済州島
在日コリアン社会における純福音教会と巫俗―普遍的基層宗教としてのシャーマニズム
宗教的伝統とキリスト教の発展―韓日比較の視点より
トロントのコリアン社会とキリスト教会)
第4部 まつり(「民族まつり」の展開と課題)

 類似資料