このページのリンク

<図書>
ハニュウ ユズル ワ ササゲテ イク
羽生結弦は捧げていく / 高山真著
(集英社新書 ; 0967H)

データ種別 図書
出版者 東京 : 集英社
出版年 2019.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 SS||0967H 2211102319

書誌詳細を非表示

出版年 2019.2
大きさ 251p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  高山, 真 <タカヤマ, マコト>
分 類 NDC8:784.6
NDC9:784.65
NDC10:784.65
件 名 BSH:羽生/結弦
BSH:フィギュアスケート
ISBN 9784087210675
NCID BB27763285
書誌ID B000894595
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
フィギュアスケート・男子シングルでは六六年ぶりの五輪連覇。「メダリストは翌年には引退や休養を選ぶ」ことが多いフィギュア界において、羽生結弦は現役選手として競技を続けることを選んだ。記録、記憶、名誉、称賛…すべての中心にいた絶対王者は、ケガと闘いながらも、より高度な技術と表現を磨き、さらなる進化を遂げている。前著『羽生結弦は助走をしない』に続き、五輪後から垣間見える新たな羽生の変化と挑戦を詳細に分析。ルール改正や今後の活躍が期待されるスケーターたちにも言及し、前例のない道を猛然と走り続ける羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす!

[目次]
用語解説
第1章 平昌オリンピックで羽生結弦が見せてくれたもの(ケガではゆるがなかった「信頼」
羽生結弦の武器は「ジャンプ」だけではない
練習再開は本番の1か月前 ほか)
第2章 2018〜19年シーズンで羽生結弦が見せてくれるもの(続けてくれること、それ自体に感謝を
ショートプログラム『Otonal』とジョニー・ウィアー
フリー『Origin』とエフゲニー・プルシェンコ ほか)
第3章 私が愛する選手たち(男子シングル
女子シングル)
あとがきにかえて―デニス・テンへ。そして皆様へ

 類似資料