このページのリンク

<図書>
インド ノ シソウ
インドの思想 / 川崎信定著
(ちくま学芸文庫 ; [カ3-2])

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2019.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 126||Ka97||文庫 1000586970

書誌詳細を非表示

出版年 2019.1
大きさ 236p : 地図 ; 15cm
一般注記 参考文献: p209-216
原語対照索引: p221-236
シリーズ番号はブックジャケットによる
1993年3月、放送大学教育振興会より刊行
本文言語 日本語
著者標目  川崎, 信定(1935-) <カワサキ, シンジョウ>
分 類 NDC8:126
NDC9:126
NDC10:126
件 名 BSH:インド哲学
ISBN 9784480098726
NCID BB27537606
書誌ID B000895183
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
長い歴史と多数の異なった民族から成り、広大な地域の中で様々な伝統文化を併存させている国インド。日本人には想像もできないほど人々の考え方の振幅は大きいが、その精神的豊かさには瞠目すべきものがある。多様でありながらインドの底流をなす思考方法とは何か。本書では、国名「インド」の由来やインダス文明の興隆から説き起こし、ヒンドゥー教、ジャイナ教、仏教、『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』の二大叙事詩、論理学など、インドを特徴づける主要な思想のエッセンスを、仏教・インド哲学研究の泰斗が解説する。

[目次]
総論「インドの思想」
インダス文明とアーリア人のインド定住
ヴェーダの思想
ウパニシャッドの思想
唯物論・決定論・懐疑論―ブッダに先行する思想家たち
ジャイナ教の思想
ゴータマ・ブッダの仏教―初期仏教思想
アショーカ王の理想―人はなんの目的で生きるか?チャトル・ヴァルガ(四目的)とアーシュラマ(四住期)説
叙事詩の世界(1)―『マハーバーラタ』 『バガヴァッド・ギーター』のバクティ思想
叙事詩の世界(2)―『ラーマーヤナ』 最高神のアヴァターラ(化身)とクリシュナ伝説
大乗小乗の興起
哲学的思索の進化―サーンキヤ形而上学とヴァイシェーシカ自然哲学
論理学と言語分析―ニヤーヤ学派と仏教の論理学およびミーマーンサー学派の祭事哲学
ヨーガの思想と実践
ヴェーダーンタ思想とヒンドゥー教―近代インド思想への架け橋

 類似資料