このページのリンク

<図書>
ウキシズミ・オドリコ : ホカ サンペン
浮沈・踊子 : 他三篇 / 永井荷風作
(岩波文庫 ; 緑(31)-042-11)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2019.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1文庫) 913.6||N14||文庫 1000590146


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||G||42-11 2211102719

書誌詳細を非表示

出版年 2019.4
大きさ 298p ; 15cm
別書名 異なりアクセスタイトル:浮沈踊子 : 他三篇
内容注記 浮沈
踊子
蟲の声
冬の夜がたり
枯葉の記
一般注記 底本: 『荷風全集』第18巻 (岩波書店, 第2刷 2010年9月)
本文言語 日本語
著者標目  永井, 荷風(1879-1959) <ナガイ, カフウ>
ISBN 9784003600344
NCID BB28051596
書誌ID B000896854
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
昭和10年代の東京を舞台にして、ヒロインの起伏にとんだ日々を描いた『浮沈』、浅草の若い女性が逞しく生きる姿を活写した『踊子』。「蟲の声」「冬の夜がたり」「枯葉の記」は、散文詩の如き小品。戦時下に執筆され、終戦直後に発表、文豪の復活を告げた。時代をするどく批判した文学者・荷風による抵抗の文学。