このページのリンク

<図書>
オウム シンリキョウ ジケン トワ ナンダッタ ノカ : アサハラ ショウコウ ノ ショウタイ ト フウイン サレタ ヤミシャカイ
オウム真理教事件とは何だったのか? : 麻原彰晃の正体と封印された闇社会 / 一橋文哉著
(PHP新書 ; 1151)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2018.8

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も1 1000584805

書誌詳細を非表示

出版年 2018.8
大きさ 355p : 挿図 ; 18cm
一般注記 オウム真理教事件関連年表: p343-353
主要参考文献: p354-355
本文言語 日本語
著者標目  一橋, 文哉 <イチハシ, フミヤ>
分 類 NDC8:169.1
NDC9:169.1
NDC10:169.1
件 名 BSH:オウム真理教
NDLSH:オウム真理教
ISBN 9784569838175
NCID BB26570876
書誌ID B000898193
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
平成最大の国内テロ事件を引き起こした麻原彰晃とオウム真理教、および事件の真相を総括するノンフィクションを緊急発刊!なぜオウムはこれほど巨大化し、暴走してしまったのか?事件に関わったエリート幹部をはじめ、大勢の若者たちは、なぜオウムや麻原に惹かれていったのか?麻原の死刑当日の様子は?オウムと裏社会とのつながり、ロシア、北朝鮮との関係、そして核兵器保有の可能性…麻原の死刑執行後に出版することを前提に口を開いた元信者や捜査関係者、刑務官らの「今だから話せる」貴重な証言をもとに、オウム真理教の闇を明らかにする。渾身の書きおろし。

[目次]
序章 処刑
第1章 崩壊
第2章 降臨
第3章 膨張
第4章 封殺
第5章 迷宮
最終章 復活

 類似資料