このページのリンク

<図書>
クワシスギル キョウイク チョクゴ
くわしすぎる教育勅語 / 高橋陽一著

データ種別 図書
出版者 東京 : 太郎次郎社エディタス
出版年 2019.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 155||Ta33 1000590115

書誌詳細を非表示

出版年 2019.2
大きさ 269p ; 19cm
一般注記 文献案内: p214-220
本文言語 日本語
著者標目  高橋, 陽一(1963-) <タカハシ, ヨウイチ>
分 類 NDC8:155
NDC9:155
NDC10:155
件 名 BSH:教育勅語
ISBN 9784811808321
NCID BB27783001
書誌ID B000902759
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし」―すべての道徳が、この一点に集約される。明治のエリートたちが書きあげた315字。その文言はどこからやってきて、何を目指したのか?巧みなレトリックと埋めこまれたフェイクを味わう。教育勅語と関連年表付。

[目次]
第1部 “精読”一字一句をつまびらかに(第一文 朕惟フニ、我カ皇祖―「朕」と「我」はどう違う?
第二文 我カ臣民、克ク忠ニ―つくられた伝統が「教育の淵源」に
第三文 爾臣民、父母ニ孝ニ―徳目はすべて「皇運」のために
是ノ如キハ、独リ朕カ―「忠」と「孝」をまとめあげる
斯ノ道ハ、実ニ我カ―全世界が戴く勅語の真理
朕爾臣民ト倶ニ―朕の希望をすすんで体せよ)
第2部 “始末”来しかたとゆく末(起草者それぞれの思惑
徳目はどこから来たか
「君主の著作」の法的地位
モノとしての教育勅語―原本と謄本
物神となった謄本と「御真影」―学校儀式と不敬事件
教育勅語と学問の自由
揺れる教育勅語解釈
失効後に残ったもの)
第3部 “考究”これまでにわかっていること

 類似資料