このページのリンク

<図書>
ミシマ ユキオ ト セイネン ショウコウ : 5 15 カラ 2 26
三島由紀夫と青年将校 : 五・一五から二・二六 / 鈴木荘一著

データ種別 図書
出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2019.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 210.7||Su96 1000596851

書誌詳細を非表示

出版年 2019.11
大きさ 198p ; 18cm
一般注記 文献:p198
本文言語 日本語
著者標目  鈴木, 荘一(1948-) <スズキ, ソウイチ>
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
NDC10:210.7
件 名 BSH:三島/由紀夫
BSH:日本-歴史-昭和時代
ISBN 9784585222590
NCID BB29286992
書誌ID B000918057
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
満州事変が勃発すると陸軍中佐橋本欣五郎が若槻礼次郎首相を暗殺して陸軍政権を樹立しようと十月事件というクーデターを企図したが未遂に終わった。つぎに海軍青年将校が五・一五事件を起こし、海軍大将斎藤実を首相に据えて大海軍の建設を開始した。すると軍艦建造の財源を負担する農民の生活が圧迫され、農村の窮迫を憂いた陸軍青年将校が海軍大将斎藤実ら海軍要人を襲撃する二・二六事件を起こした。

[目次]
第1章 三島の高祖父永井尚志の無念
第2章 憲政の常道という大正デモクラシー
第3章 三島が小学校一年のとき満州事変が起きた
第4章 青年将校運動の萌芽
第5章 海軍青年将校による五・一五事件
第6章 海軍内閣のもとで農民の窮乏化が加速
第7章 反戦勢力の皇道派が壊滅した二・二六事件
第8章 三島由紀夫の自決

 類似資料