このページのリンク

<図書>
イジメ ワ ナゼ ナクナラナイノカ
いじめはなぜなくならないのか / 竹田敏彦 [ほか] 編

データ種別 図書
出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2020.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 371.42||Ta59 1000598946

書誌詳細を非表示

出版年 2020.3
大きさ vi, 253p : 挿図 ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:いじめはなぜなくならないのか
一般注記 その他の編者: 植田和也, 上村崇, 船津守久, 藤沢敏幸, 衛藤吉則, 中島正明
監修: 竹田敏彦
文献あり
本文言語 日本語
著者標目  竹田, 敏彦 <タケダ, トシヒコ>
 植田, 和也 <ウエタ, カズヤ>
 上村, 崇 <ウエムラ, タカシ>
 船津, 守久 <フナツ, モリヒサ>
 藤沢, 敏幸 <フジサワ, トシユキ>
 衛藤, 吉則(1961-) <エトウ, ヨシノリ>
 中島, 正明(1949-) <ナカシマ, マサアキ>
分 類 NDC8:371.4
NDC9:371.42
NDC10:371.42
件 名 BSH:いじめ
NDLSH:いじめ
ISBN 9784779514401
NCID BB30172786
書誌ID B000919666
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
教育学的・心理学的・倫理学的視点からいじめ問題を多角的に分析。いじめの「傍観者」を「仲裁者」に変えるためのカギは何か?フィンランドのKiVaプログラムなど世界の最新研究に学ぶ。KiVaプログラムを元に、日本に合わせたいじめ防止プログラムを提示。現場の教員からこれから教員を目指す学生までの必読書!

[目次]
いじめの実態
いじめの4層構造といじめの病理
障害のある子どものいじめと支援
心理学から考える「現代の」いじめ問題
いじめの心理
いじめ問題を克服する「心の育ち」
いじめの定義の変遷と問題点
「いじめ問題」から学ぶ教訓と課題
いじめ予防といじめ対応
いじめの未然防止と道徳教育・道徳科
いじめの未然防止に対応する道徳教育の創造―平成31年度文部科学省委託「『道徳教育改善・充実』総合対策事業“メニュー2”」に係る三次市立吉舎中学校区(吉舎中学校・吉舎小学校・八幡小学校)の実践
いじめを許さない学級づくり
スクールソーシャルワーカーの役割と実際
欧州のいじめ防止対策
いじめ防止対策推進法に基づく教育実践
いじめと倫理学
いじめに関する実証研究の到達点―いじめ加害の深層を考える
いじめの未然防止と漢文教育―『論語』からいじめの根幹について考える
いじめの輪郭―その誕生から今日までの変容を雑誌記事の内容分析から描く

 類似資料