このページのリンク

<図書>
ヘンシツ スル セカイ : ウィズ コロナ ノ ケイザイ ト シャカイ
変質する世界 : ウィズコロナの経済と社会 / Voice編集部編
(PHP新書 ; 1230)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 304||V87 1000605112

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ 221p : 挿図 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  Voice編集部 <Voice ヘンシュウブ>
 PHP研究所 <PHP ケンキュウジョ>
分 類 NDC8:304
NDC9:304
NDC10:304
ISBN 9784569847467
NCID BB31566561
書誌ID B000932799
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
コロナショックにより、経済や国際関係、人々の価値観はどのように変質したのか。『シン・ニホン』などの著者である安宅和人氏は、これからのマクロなトレンドを示すキーワードとして「開疎化」を挙げ、解剖学者の養老孟司氏は「ウイルスの心配より、健康で長生きしてもやることがないことのほうが問題」と述べる。経済学者のダロン・アセモグル氏はアメリカで最大の被害が出たことから、かの国の歪みについて解説し、SF小説『三体』の著者である劉慈欣氏は中国人の国民感情を語る。各界の第一人者がウィズコロナの世界を読み解く、傑出した論考15編。

[目次]
第1部 日本と世界の叡智への問い(アジャイルな仕組みが国を救う(安宅和人)
野放図な資本主義への警告だ(長谷川眞理子)
日本はすでに「絶滅」状態(養老孟司)
コロナと大震災の二重苦に備えよ(デービッド・アトキンソン)
コロナ時代の米中対決(エドワード・ルトワック) ほか)
第2部 ウィズコロナを読み解く(コロナ後の世界を創る意志(御立尚資)
政治経済の「免疫力」を備えよ(細谷雄一)
コロナ後のグローバル化を見据えよ(戸堂康之)
自由と幸福の相克を乗り越えられるか(大屋雄裕)
「自粛の氾濫」は社会に何を残すか(苅谷剛彦) ほか)

 類似資料