このページのリンク

<図書>
セカイシ ノ ナカ ノ ショウワシ
世界史のなかの昭和史 / 半藤一利著
(平凡社ライブラリー ; 905)

データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 210.7||H29 1000605113

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ 515p : 挿図, 肖像, 地図 ; 16cm
一般注記 2018年2月刊の文庫化
半藤一利・青木理対談「歴史は繰り返すのか?」: p461-505
関連年表: p507-512
参考文献: p513-515
本文言語 日本語
著者標目  半藤, 一利(1930-) <ハンドウ, カズトシ>
 青木, 理 <アオキ, オサム>
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
NDC10:210.7
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 歴史 -- 昭和前期  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史 -- 昭和前期  全ての件名で検索
ISBN 9784582769050
NCID BB31513055
書誌ID B000932800
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ヒトラー、スターリンら巨悪がかきまわした世界と戦前昭和史はどう関わっていたのか?昭和史を世界史のなかにおいてみると―。アジアの小さな“持たざる”島国が欧米列強の政略や戦略に翻弄された歴史を、初めて「世界史の視野から」「現代の視点で」時系列で辿る。混迷と危機を迎える現代の根っこを知り、未来を考えるために必読の“半藤昭和史三部作”完結編。青木理氏との対談「歴史は繰り返すのか?」収載。

[目次]
プロローグ 歴史の皮肉と大いなる夢想―長い探偵報告のはじめに
第1話 摂政裕仁親王の五年間―大正から昭和へ
第2話 満洲事変を中心にして―昭和五年〜八年
第3話 日独防共協定そして盧溝橋事件―昭和九年〜十二年
第4話 二つの「隔離」すべき国―昭和十二年〜十三年
第5話 「複雑怪奇」と世界大戦勃発―昭和十四年
第6話 昭和史が世界史の主役に躍りでたとき―昭和十五年
第7話 「ニイタカヤマノボレ」への道―昭和十六年
エピローグ 「ソ連仲介」と「ベルリン拝見」―敗戦から現代へ
半藤一利・青木理対談 歴史は繰り返すのか?

 類似資料