このページのリンク

<図書>
AI ノ カベ : ニンゲン ノ チセイ オ トイナオス
AIの壁 : 人間の知性を問いなおす / 養老孟司著
(PHP新書 ; 1234)

データ種別 図書
出版者 東京 : PHP研究所
出版年 2020.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 007.13||Y84 1000605781

書誌詳細を非表示

出版年 2020.10
大きさ 208p : 肖像 ; 18cm
内容注記 AIから見えてきた「人間の可能性」 / 羽生善治述
経済はAI化でどう変わるか / 井上智洋述
AIから人間を哲学する / 岡本裕一朗述
わからないことを面白がれるのが人間の脳 / 新井紀子述
本文言語 日本語
著者標目  養老, 孟司(1937-) <ヨウロウ, タケシ>
分 類 NDC8:007.1
NDC9:007.13
NDC10:007.13
NDLC:M121
件 名 BSH:人工知能
BSH:情報と社会
NDLSH:人工知能
NDLSH:未来論
ISBN 9784569847337
NCID BC02885177
書誌ID B000934344
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
人工知能(AI)技術の飛躍的発展により、近年「AIが人間の知能を超える」と喧伝されるようになった。しかし、そもそもAIとは何なのか、AIと人間の知性の違いはどこにあるのか―解剖学者養老孟司が、4名の知性と語り合う。AIの発展がめざましい棋界に身を置く棋士・羽生善治、経済学者でありAI技術にも精通する井上智洋、著書でテクノロジーと人間のあり方を考察してきた哲学者・岡本裕一朗、人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか。」を進めてきた数学者・新井紀子。AIの限界と日本の未来を語り合う、知的興奮に溢れる4つの議論。

[目次]
第1章 AIから見えてきた「人間の可能性」(羽生善治×養老孟司)(「局面」で切れない自然をAIが扱えるか?
「脳化社会」の矛盾が明らかに ほか)
第2章 経済はAI化でどう変わるか(井上智洋×養老孟司)(AIは格差社会を拡大させる
車社会とAI化はつながっている ほか)
第3章 AIから人間を哲学する(岡本裕一朗×養老孟司)(AIが哲学する日は来るのか?
概念を作り出すことが哲学の仕事 ほか)
第4章 わからないことを面白がれるのが人間の脳(新井紀子×養老孟司)(AIに負ける子どもたち
ポピュリズムに利用されるインターネット ほか)

 類似資料