このページのリンク

<図書>
ジカン ノ シソウシ : アンセルムス ノ シンガク ト セイジ
時間の思想史 : アンセルムスの神学と政治 / 瀬戸一夫著

データ種別 図書
出版者 東京 : 勁草書房
出版年 2008.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 132||A49 1000392595


あだち_国際学部35
2114017463

書誌詳細を非表示

出版年 2008.1
大きさ xv, 546, 31p : 挿図, 地図 ; 22cm
一般注記 参考文献: 巻末p8-31
本文言語 日本語
著者標目  瀬戸, 一夫(1959-) <セト, カズオ>
分 類 NDC8:192.3
NDC9:192.3
件 名 BSH:キリスト教-ヨーロッパ
BSH:西洋史-中世
BSH:神学-歴史
NDLSH:Anselmus, Cantoriensis(1033-1109)
ISBN 9784326101764
NCID BA84524755
書誌ID B000395378
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「時間」を操る神学者、アンセルムス。彼によって「時間をめぐる思想」が革命的に転回する歴史の一断面を描き、西欧中世の神学理論が世界に及ぼした威力を論証する。

[目次]
緒論 神学理論の実用性と政治利用
第1章 時制論理の革新性と神学革命(修道院神学発展の前哨と教会改革
存在論的神証明の原像と時制論理
現世的職務形態の現成と脱人格化)
第2章 教会制度の自律化と服従義務(不可抗的連帯制の切断と位階秩序
制度的政教分離の理念と秘蹟教会
負債償還的救済の教義と歴史法則)
第3章 政教闘争の閉塞性と価値顛倒(服従宣誓要求権の返上と俗人叙任
聖職叙任権闘争の顛末と聖俗補完
第二ミレニアムの定礎と永続改革)
結論 封建体制の膠着化と近代世界

 類似資料