このページのリンク

<図書>
テイコク ミブン ガッコウ : テイセイキ ロシア ニオケル キョウイク ノ シャカイ ブンカシ
帝国・身分・学校 : 帝制期ロシアにおける教育の社会文化史 / 橋本伸也著

データ種別 図書
出版者 名古屋 : 名古屋大学出版会
出版年 2010.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 372.38||H38 1000424875

書誌詳細を非表示

出版年 2010.1
大きさ vii, 435, 83p ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:帝国身分学校 : 帝制期ロシアにおける教育の社会文化史
本文言語 日本語
著者標目  橋本, 伸也(1959-) <ハシモト, ノブヤ>
分 類 NDC8:372.38
NDC9:372.38
件 名 BSH:ロシア -- 教育  全ての件名で検索
ISBN 9784815806279
NCID BB00559732
書誌ID B000445656
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
西欧的学知の受容過程を俯瞰し、「教育の身分制原理」とその揺らぎをエリート教育に即して読み解くとともに、辺境地域で展開された教育政策を跡づけることで、ロシア帝国固有の教育システムを解明、教育の社会文化史の可能性を問いかけた渾身作。

[目次]
序 帝制期ロシアにおける教育の社会文化史―課題・対象・方法
第1部 ロシアとヨーロッパ―知識社会史からのアプローチ(ロシアの近代化と西欧的知の移入・受容
東スラヴの正教世界と「ラテン文化」受容の問題
ライプニッツとロシア ほか)
第2部 「教育の身分制原理」とエリート教育(ロシアの身分制と「教育の身分制原理」
貴族の特権的教育機関の成立と拡大
国民教育省管下教育機関における身分制問題 ほか)
第3部 教育システムの帝国的編成と民族問題(帝国とネイションと学校
ウヴァーロフ教育大臣期の西部諸県教育政策と「ポーランド問題」
沿バルト諸県の初等教育体制と「ロシア化」政策 ほか)

 類似資料