このページのリンク

<図書>
ペイター ルネサンス ノ ビガク : ニホン ペイター キョウカイ ソウリツ ゴジッシュウネン キネン ロンブンシュウ
ペイター『ルネサンス』の美学 : 日本ペイター協会創立五十周年記念論文集 / 日本ペイター協会編

データ種別 図書
出版者 東京 : 論創社
出版年 2012.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 702.05||P27 1000493653

書誌詳細を非表示

出版年 2012.7
大きさ 275p ; 22cm
別書名 標題紙タイトル:Walter Horatio Pater
異なりアクセスタイトル:ペイタールネサンスの美学 : 日本ペイター協会創立50周年記念論文集
内容注記 非在の美学 : 「ミケランジェロの詩」考 / 正木建治著
「ジョルジョーネ派」の批評言語 / 野末紀之著
ペイターはダ・ヴィンチになにを見たか : 唯美主義的リアリズムから単性生殖願望まで / 十枝内康隆著
「ジョルジョーネ風の炎」の変奏 : ペイターとD・G・ロセッティをめぐって / 加藤千晶著
「鳩の翼」が意味するもの : 『ルネサンス』の題辞 (エピグラフ) をめぐって / 上村盛人著
「黄金の書」から《サント・ヴィクトワール山》へ : ペイター、ホイッスラー、フライ / 蜂巣泉著
ペイターにおける判断保留について : 「無関心」を手掛かりにして / 上村仁司著
ウォルター・ペイターとヴァージニア・ウルフを結びつけるもの : 「人間を超越した神聖な存在との交わり」について / 佐藤牧子著
「触れる」ように「視る」 : ペイターの'dissociation of sensibility' / 森岡伸著
文学言語の復権をめざして : ペイターの「事実についての印象」の詩学 / 玉井暲著
『ルネサンス』に描かれた中世 / 佐藤香苗著
ペイターと十二世紀ルネサンス / 伊藤勲著
一般注記 ペイター書誌: p258-264
文献: 論末
本文言語 日本語
著者標目  *日本ペイター協会 <ニホン ペイター キョウカイ>
分 類 NDC8:702.05
NDC9:702.05
件 名 NDLSH:Pater, Walter Horatio, 1839-1894
BSH:ルネサンス
ISBN 9784846011536
NCID BB09745860
書誌ID B000504270
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
かのアーサー・シモンズが「我がイギリス文学において最も美しい散文の書物」と絶讃し、日本にもたらされた最初のペイターの著作でもある『ルネサンス』を軸に、人と作品を十二名のペイタリアンが縦横に論じる。

[目次]
第1部 芸術家論(非在の美学―「ミケランジェロの詩」考
「ジョルジョーネ派」の批評言語
ペイターはダ・ヴィンチになにを見たか―唯美主義的リアリズムから単性生殖願望まで ほか)
第2部 『ルネサンス』の諸相(「鳩の翼」が意味するもの―『ルネサンス』の題辞をめぐって
「黄金の書」から『サント・ヴィクトワール山』へ―ペイター、ホイッスラー、フライ
ペイターにおける判断保留について―“無関心”を手掛かりにして ほか)
第3部 ペイターと中世(『ルネサンス』に描かれた中世
ペイターと十二世紀ルネサンス)

 類似資料