このページのリンク

<図書>
3.11ゴ ボウキャク ニ コウシテ : シキシャ 53ニン ノ コトバ
「3・11後」忘却に抗して : 識者53人の言葉 / 毎日新聞夕刊編集部編

データ種別 図書
出版者 東京 : 現代書館
出版年 2012.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 369.31||Ma31 1000496902

書誌詳細を非表示

出版年 2012.12
大きさ 229p ; 20cm
本文言語 日本語
著者標目  毎日新聞夕刊編集部 <マイニチ シンブン ユウカン ヘンシュウブ>
分 類 NDC8:369.31
NDC9:369.31
件 名 BSH:東日本大震災(2011)
BSH:福島第一原子力発電所事故(2011)
ISBN 9784768456903
NCID BB1126960X
書誌ID B000509891
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
百年後も記憶される日に日本の叡智は何を考えたのか。吉本隆明氏最後のインタビューを含む、知識人たちからの伝言。これからの日本社会のあり方を思索する。

[目次]
高村薫―「人間サイズ」の勧め(11年3月17日)
梁石日―きずな再構築の予感(11年3月22日)
石原信雄―「想定外」に逃げるな(11年3月23日)
秋山駿―凝視と表現 原点に(11年3月24日)
柳田邦男―効率主義との決別を(11年3月29日)
金子兜太―生き物感覚と知性と(11年3月30日)
梅原猛―一〇〇〇年先を見なければ(11年4月1日)
津島佑子―責任は「私たち」にある(11年4月4日)
保阪正康―欠けていた「想像力」(11年4月5日)
内田樹―危機最小化の発想を(11年4月14日)〔ほか〕

 類似資料