このページのリンク

<図書>
メイジ イシン ノ イサン
明治維新の遺産 / テツオ・ナジタ [著] ; 坂野潤治訳
(講談社学術文庫 ; [2186])

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2013.8

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 210.6||N29||文庫 1000514046

書誌詳細を非表示

出版年 2013.8
大きさ 261p ; 15cm
別書名 原タイトル:Japan : the intellectual foundations of modern Japanese politics
一般注記 叢書番号はブックジャケットによる
日本語訳原本: 1979年9月中央公論社刊
本文言語 日本語
著者標目  奈地田, 哲夫(1936-) <ナジタ, テツオ>
 坂野, 潤治(1937-) <バンノ, ジュンジ>
分 類 NDC8:210.6
件 名 NDLSH:日本 -- 政治 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:明治維新
ISBN 9784062921862
NCID BB13183709
書誌ID B000523285
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
幕末、明治、昭和、そして…。近代以降の日本の歴史はひとつの対立軸を中心にかたちづくられてきた。本書は徳川官僚制とそのイデオロギー的基盤から説き起こし、明治維新、昭和維新、そして敗戦後まで「官僚的合理主義」と「維新主義」の相剋として描き出す。現れては消える“維新”はわれわれに何をもたらすのか?歴史解釈は未来を見据える。

[目次]
第1章 近代日本への一視座
第2章 徳川官僚制の遺産
第3章 徳川末期の「維新主義」
第4章 明治の模索―立憲制とイデオロギー的確実性を求めて
第5章 二十世紀初期の政治的変化と抵抗
第6章 二つの維新と現代日本の可能性

 類似資料