このページのリンク

<図書>
ショウセツ ノ タクティクス
小説のタクティクス / 佐藤亜紀著

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2014.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 901.3||Sa85 1000520222

書誌詳細を非表示

出版年 2014.1
大きさ 213p ; 19cm
別書名 標題紙タイトル:Tactics
一般注記 後記に「本書は2007年から3年間、明治大学商学部の招聘によって行われた特別講義の講義録に基づいている」とあり
本文言語 日本語
著者標目  佐藤, 亜紀(1962-) <サトウ, アキ>
分 類 NDC8:901.3
NDC9:901.3
件 名 BSH:小説
ISBN 9784480823755
NCID BB14648080
書誌ID B000528889
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「固有の顔」をめぐる考察が、スリリングな結末へと導かれる。『小説のストラテジー』と対を成す、読む/書くための指南書。

[目次]
1 様式の問題―表現様式は内容により変化する
2 日常は内戦と虐殺に接続される―ハリウッド映画における暴力表現の変化と9・11の関係
3 群衆の中の小さな顔―『宇宙戦争』における「人間の顔の喪失」と「格差」
4 顔はいかに表現されてきたか―固有の顔か、標準化された無数の顔のひとつか
5 暴かれた世界―ザンダー『二十世紀の人間』と全体主義における人間の顔
6 五月三日―ゴヤと歴史の傷
7 見ることと語ること―薄皮の下にあるものが侵入してくる
8 忠実な羊飼い―「凡庸な悪」と英語の問題
9 「未来」は存在しない―我々にはもう「顔」はない
10 「3・11以後の表現」は可能か―結びに代えて

 類似資料