このページのリンク

<図書>
パリ ゴガツ カクメイ シロン : テンカンテン トシテ ノ 68ネン
パリ五月革命私論 : 転換点としての68年 / 西川長夫著
(平凡社新書 ; 595)

データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2011.7

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 HE||595 2211079832

書誌詳細を非表示

出版年 2011.7
大きさ 477p : 地図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:パリ5月革命私論 : 転換点としての68年
一般注記 関連年表: p460-468
主なフランス語文献: p469-473
主な日本語文献: p474-477
本文言語 日本語
著者標目  西川, 長夫(1934-) <ニシカワ, ナガオ>
分 類 NDC8:235.07
件 名 NDLSH:フランス五月革命(1968)
ISBN 9784582855951
NCID BB06200739
書誌ID B000764183
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
植民地闘争からヴェトナム戦争へ、プラハの春から全共闘へ、そして「郊外暴動」へ。六八年五月、パリで起こった「革命」は、二〇世紀後半の世界史的転換点だったのではないか。それはまた「私」の変革への希望でもあった。政府給費留学生として現場に居合わせた著者による、迫真のドキュメント、革新的思想の再起動。

[目次]
第1章 六八年五月以前(そのとき世界は
ゴダールの世界)
第2章 ナンテール・ラ・フォリー(ナンテールと三月二二日運動
ナンテール分校からソルボンヌへ)
第3章 六八年五月の写真が語るもの(写真を撮るということ
前兆 ほか)
第4章 知識人の問題(六八年と知識人―予備的考察
森有正と加藤周一―私的回想 ほか)
第5章 六八年革命とは何であったか―四三年後に見えてきたもの、見えなくなったもの(忘却と想起の抗争
一九八九年、フランス革命二〇〇年祭と東欧革命 ほか)

 類似資料