このページのリンク

<図書>
エン ノ ユクエ オ トイナオス : ジッショウテキ・レキシテキ ニ ミタ ニホン ケイザイ
円のゆくえを問いなおす : 実証的・歴史的にみた日本経済 / 片岡剛士著
(ちくま新書 ; 959)

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2012.5

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 CHS||959 2211081821

書誌詳細を非表示

出版年 2012.5
大きさ 278p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:円のゆくえを問いなおす : 実証的歴史的にみた日本経済
一般注記 参考文献: p275-278
本文言語 日本語
著者標目  片岡, 剛士(1972-) <カタオカ, ゴウシ>
分 類 NDC8:338.952
NDC9:338.952
件 名 BSH:外国為替
BSH:円(通貨)
BSH:デフレーション
BSH:経済政策 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784480066633
NCID BB09077934
書誌ID B000768743
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
欧州危機、ウォール街デモなど、世界玉済は不安定になっている。そうしたなか私たちに最も大きな影響を及ぼしているのが円高・円安という円相場の動きである。円高は「輸出関連企業への打撃がある」「輸入品や外貨建て資産を安く買える」など、目前のメリット/デメリットに目がいきがちだ。しかし、その大本にはデフレと経済成長率の低下という、日本経済の「失われた20年」の根幹をなす問題が横たわっている。本書は、円のゆくえを主軸に、日本経済の過去・現在・未来を、緻密な分析から大胆に総括する。

[目次]
第1章 円の暴騰と日本経済(「時系列」でみた深刻な円高
「国際的な視点」でみた深刻な円高 ほか)
第2章 円高の原因は何か(為替レートとは何か
為替レートの3つの指標 ほか)
第3章 為替と経済政策を問いなおす―金本位制から固定相場制へ(経済政策における3つの手段
経済安定化政策と為替レートの関係 ほか)
第4章 為替と経済政策を問いなおす―変動相場制以降(円高シンドローム
「強い円が望ましい」という呪縛 ほか)
第5章 デフレと円高を止めるために何をすべきか(円高や円安は自然現象ではない
金融政策とは何か ほか)

 類似資料