このページのリンク

<図書>
イメージ セイサク ノ バ ト カンキョウ : セイヨウ キンセイ キンダイ ビジュツシ ニ オケル ズゾウガク ト ビジュツ リロン
イメージ制作の場と環境 : 西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論 / 近世美術研究会編

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論美術出版
出版年 2018.11

所蔵情報を非表示



越谷_日文科10 702.3||Ki46 1000585227

書誌詳細を非表示

出版年 2018.11
大きさ 416p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:イメージ制作の場と環境 : 西洋近世近代美術史における図像学と美術理論
本文言語 日本語
著者標目  近世美術研究会 <キンセイ ビジュツ ケンキュウカイ>
分 類 NDC8:702.3
NDC9:702.3
NDC10:702.3
件 名 BSH:美術 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:図像学
NDLSH:美術 (西洋) -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
ISBN 9784805508626
NCID BB27448776
書誌ID B000891199
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[目次]
1 ニコラ・プッサンと近世図像学(ニコラ・プッサンの、パリ在住、二十代の青春―アンドレ・フェリビアンの著作『対話』を物語画制作の視点から読む
ニコラ・プッサンとジャン・ルメールによる共同制作―“父の剣を見出すテセウス”を中心に
ニコラ・プッサン作“ポリュフェモスのいる風景”―四大元素とケレスのシチリア神話
ニコラ・プッサンの「聖家族」―一六五〇年前後のフランスでのプッサン受容を手掛かりに
プッサン作“ダフネに恋するアポロ”(一六六四年)―自然学的寓意をめぐって ほか)
2 図像学の展開と美術理論(アーノルト・ハウブラーケンの『ネーデルラントの画家たちの大劇場』における「素描的(tekenachtig)」
ゴブラン製作所とアカデミーのサロン―歴史画家たちの競合の舞台
ジャン・シメオン・シャルダン“デッサンの勉強”と画中彫刻“踵に小翼をつけるメルクリウス”―スウェーデン王妃ロヴィーサ・ウルリカの注文と一七四八年のサロン展示をめぐって
フランス革命図像学の現在―恐怖政治とカリカチュア
ピエール・ジュリアン“プッサン像”(ルーヴル美術館)―アンシァン・レジーム末期の偉人像表現をめぐって ほか)

 類似資料