このページのリンク

<図書>
「ロウドウ」カラ マナブ ジェンダーロン : Society 5.0 デノ ライフ スタイル オ カンガエル
「労働」から学ぶジェンダー論 : Society5.0でのライフスタイルを考える / 乙部由子著
(Minerva text library ; 69)

データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2019.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 366.38||O86 1000594643


東京あだち図書館(3F一般書架) 366.38||O86 2111144838


越谷_人間科学部07 366.38||O86 1000594881

書誌詳細を非表示

出版年 2019.10
大きさ vii, 249p : 挿図 ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:労働から学ぶジェンダー論 : Society5.0でのライフスタイルを考える
一般注記 参考文献: p235-243
本文言語 日本語
著者標目  乙部, 由子 <オトベ, ユウコ>
分 類 NDC8:366.38
NDC9:366.38
NDC10:366.38
件 名 BSH:女性労働
BSH:性差
NDLSH:ジェンダー -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784623087020
NCID BB2902549X
書誌ID B000911819
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「労働」をキーワードとして、現代女性の生活状況を、男女共同参画社会・キャリア・家族・育児・介護等をめぐる法制度・事例を踏まえ解説。また、Society5.0実現に向けた取り組みやAI・IoTの導入により変容しつつある社会状況を踏まえ、今後、女性の生活はどのように変化していくのかを展望するとともに、「ジェンダー」という視点を通して社会を見る重要性・意義を解説した一冊。

[目次]
第1部 労働現場でのジェンダー問題(現代社会と労働―雇用形態・産業・配属部門・学歴別に見た比較から
働き方改革と労働者のための法律―労働基準法・パートタイム労働法・男女雇用機会均等法・女性活躍推進法
職場でのハラスメント―セクハラ、パワハラ、妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント
キャリア形成―多様なキャリア開発とワーク・ライフ・バランス
ライフイベントと育児・介護休業法―家族内の役割分担を考える)
第2部 Society5.0とジェンダー格差(ダイバーシティ社会とLGBT
科学技術の発展とジェンダー格差の解消―科学技術基本法がもたらス効果
人工知能が仕事を奪う!?
「便利な社会」がもたらす変容―IoTを基盤としたSociety5.0での生活と仕事)

 類似資料