このページのリンク

<図書>
チュウゴク ノ オンガクロン ト ヘイキンリツ : ジュキョウ ニオケル ガク ノ シソウ
中国の音楽論と平均律 : 儒教における楽の思想 / 田中有紀著
(ブックレット《アジアを学ぼう》 ; 30)

データ種別 図書
出版者 東京 : 風響社
出版年 2014.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 762.22||Ta84 1000596163

書誌詳細を非表示

出版年 2014.10
大きさ 56p : 挿図 ; 21cm
一般注記 参考文献: p50-56
本文言語 日本語
著者標目  田中, 有紀(1982-) <タナカ, ユウキ>
分 類 NDC8:762.22
NDC9:762.22
件 名 BSH:音楽 -- 中国  全ての件名で検索
BSH:音律
BSH:儒学
NDLSH:音楽 -- 中国 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784894897717
NCID BB17777829
書誌ID B000915441
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
限りなく世の安寧を願う儒者の探究は、西洋音楽に先んじてどの音でも主音になりうる音律理論に到達した。天・地・人すべてを結ぶユニークな理念を紹介。

[目次]
1 楽とは何か(経学としての楽
礼楽思想の展開)
2 音律学と律暦思想(三分損益法
劉歆(きん)の律暦思想
朱子学の音律論―朱熹・蔡元定『律呂新書』)
3 中華の楽、夷狄の楽―「雅楽」「胡楽」「俗楽」(隋・唐楽制と外来音楽
北宋・陳暘『楽書』における楽懸編成)
4 朱載堉(いく)の平均律(平均律の発明
律暦合一思想)
5 江永と河図・洛書

 類似資料