このページのリンク

<図書>
「ナイセン」 ノ セカイシ
「内戦」の世界史 / デイヴィッド・アーミテイジ著 ; 平田雅博, 阪本浩, 細川道久訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2019.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 209||A79 1000597008


東京あだち図書館(2F一般書架) 209||A79 2111145609

書誌詳細を非表示

出版年 2019.12
大きさ xi, 251, 93p ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:内戦の世界史
原タイトル:Civil wars : a history in ideas
一般注記 参考文献一覧: 巻末p45-93
原著 (Yale University Press, 2017) の全訳
本文言語 日本語
著者標目  Armitage, David, 1965-
 平田, 雅博(1951-) <ヒラタ, マサヒロ>
 阪本, 浩(1954-) <サカモト, ヒロシ>
 細川, 道久(1959-) <ホソカワ, ミチヒサ>
分 類 NDC8:209
NDC9:209
NDC10:209
件 名 BSH:世界史
BSH:内乱 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:内乱 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784000241816
NCID BB29477243
書誌ID B000917864
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「内戦」とは何なのか。何故これほどまで、我々を苛むのか。ハーヴァード大学歴史学部教授による、初の「内戦」の思想史。古代ローマ以来2000年の思索を辿り、我々の世界観に食い込んだ「内戦」の意味を明らかにする。歴史認識の転換を迫る、壮大な思想のグローバル・ヒストリー。The Economistなど書評多数。待望の邦訳。

[目次]
内戦との対峙
第1部 ローマからの道(内戦の発明―ローマの伝統
内戦の記憶―ローマ人の描く心象)
第2部 初期近代の岐路(野蛮な内戦―一七世紀
革命の時代の内戦―一八世紀)
第3部 今日への道(内戦の文明化―一九世紀
内戦の世界―二〇世紀)
結論 言葉の内戦

 類似資料