このページのリンク

<図書>
リベラリズム : ウシナワレタ レキシ ト ゲンザイ
リベラリズム : 失われた歴史と現在 / ヘレナ・ローゼンブラット著 ; 三牧聖子 [ほか] 訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 青土社
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 309.1||R72 2111148015

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ 369, xxiip ; 21cm
別書名 原タイトル:The lost history of liberalism : from ancient Rome to the twenty-first century
異なりアクセスタイトル:リベラリズム失われた歴史と現在
一般注記 その他の訳者: 川上洋平, 古田拓也, 長野晃
本文言語 日本語
著者標目  Rosenblatt, Helena, 1961-
 三牧, 聖子(1981-) <ミマキ, セイコ>
 川上, 洋平 <カワカミ, ヨウヘイ>
 古田, 拓也(1985-) <フルタ, タクヤ>
 長野, 晃(1987-) <ナガノ, アキラ>
分 類 NDC8:309.1
NDC9:309.1
NDC10:309.1
件 名 BSH:自由主義
ISBN 9784791772919
NCID BB3171319X
書誌ID B000933746
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
リベラリズムは終わらない。道徳的価値への献身、他者に対する寛大さと慈善、社会の連帯への寄与―人種や性の差を問わないリベラリズムとは?古代ローマから現代に至るリベラリズムの展開を、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカを主たる舞台として描き出す。詳細な訳者解説付き。

[目次]
第1章 リベラルであるとはどんな意味か―キケロからラファイエットまで
第2章 フランス革命とリベラリズムの起源 一七八九‐一八三〇年
第3章 リベラリズム、デモクラシー、現れ始めた社会問題 一八三〇‐四八年
第4章 「徳性」という問い
第5章 カエサリズムとリベラル・デモクラシー―ナポレオン三世、リンカン、グラッドストンおよびビスマルク
第6章 教育を世俗化するための闘い
第7章 二つのリベラリズム―新旧
第8章 リベラリズムはアメリカ的信条となった

 類似資料