このページのリンク

<図書>
フヘン ブンポウ ト ゲンゴ サイ
普遍文法と言語差異 / 宗正佳啓著

データ種別 図書
出版者 東京 : 開拓社
出版年 2020.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 801.5||Mu33 1000609036


越谷_英文科10 801.5||Mu33 1000606809

書誌詳細を非表示

出版年 2020.11
大きさ xi, 259p : 挿図 ; 21cm
一般注記 普遍文法(狭域統語論)はすべての言語で同じであり、言語の共通的・通時的差異は狭域統語論の外部で生まれるという考えを基に、普遍文法と言語差異の関連を明確化。新たな文法モデルを提案する。
文献: p229-245
本文言語 日本語
著者標目  宗正, 佳啓(1963-) <ムネマサ, ヨシヒロ>
分 類 NDC8:801.5
NDC9:801.5
NDC10:801.5
NDLC:KE81
件 名 BSH:生成文法
NDLSH:構文論
NDLSH:生成文法
ISBN 9784758922920
NCID BC0413381X
書誌ID B000936514
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
普遍文法(狭域統語論)はすべての言語で同じであり、言語差異は狭域統語論と感覚運動系との間にある分散形態論で生まれるという仮説のもとに、英語やその他の言語の補文標識の体系に観察される言語差異をカードグラフィー、素性浸透の概念、最適性理論に基づく制約の相互作用を適用することで説明。普遍文法と言語差異の関連を明確化すると共に新たな文法モデルを提案する。

[目次]
第1章 枠組み
第2章 主要部移動の言語差異
第3章 That・痕跡効果再考
第4章 素性の浸透
第5章 主節現象と空演算子
第6章 MoodP
第7章 右周辺部のMoodP
第8章 係り結びの消失
第9章 結論

 類似資料