このページのリンク

<図書>
シンカンセン ト リニア ハンセイキ ノ チョウセン : セカイ ニ カンタル アンゼン シソウ ワ ドウ コウチク サレタカ
新幹線とリニア半世紀の挑戦 : 世界に冠たる「安全思想」はどう構築されたか / 村串栄一著

データ種別 図書
出版者 東京 : 光文社
出版年 2012.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 516.7||Mu47 2111119150

書誌詳細を非表示

出版年 2012.1
大きさ 297p ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:新幹線とリニア : 半世紀の挑戦 : 世界に冠たる安全思想はどう構築されたか
一般注記 参考文献: p295
関連年表: p296-297
本文言語 日本語
著者標目  村串, 栄一(1948-) <ムラクシ, エイイチ>
分 類 NDC8:516.7
NDC9:516.7
件 名 BSH:新幹線 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:リニアモータ・カー -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784334976705
NCID BB08301475
書誌ID B000768419
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
新幹線開業以来、乗客死傷者ゼロの偉業、東日本大震災での東北新幹線「5秒の余裕が生んだ安全停止」は決して奇跡ではない!超電導リニア開発者たちが初めて明かした秘話。時速500キロのスピードと想定外に備えて安全性を追求した苦節50年。

[目次]
序章 衝撃の東日本大震災
第1章 日本高速鉄道の実相を探る
第2章 想定外に備えた安全思想
第3章 中国・温州事故の悲惨
第4章 世界は高速鉄道競争に突入
第5章 超電導リニア開発物語
終章 再びの技術立国へ

 類似資料