このページのリンク

<図書>
サンゴクシ ノ セカイ : ゴカン サンゴク ジダイ
三国志の世界 : 後漢三国時代 / 金文京 [著]
(講談社学術文庫 ; [2654] . 中国の歴史 ; 4)

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2020.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 222.01||C62||文庫 1000608878

書誌詳細を非表示

出版年 2020.11
大きさ 433p : 挿図, 肖像, 地図 ; 15cm
一般注記 原本: 講談社2005年刊
参考文献: p403-410
年表: p411-424
叢書番号はブックジャケットによる
本文言語 日本語
著者標目  金, 文京(1952-) <キン, ブンキョウ>
分 類 NDC8:222.01
NDC9:222.01
NDC10:222.01
NDLC:GE241
NDLC:GE269
件 名 BSH:中国 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:中国 -- 歴史 -- 漢時代 -- 後漢  全ての件名で検索
NDLSH:中国 -- 歴史 -- 三国時代  全ての件名で検索
ISBN 9784065215685
NCID BC03826399
書誌ID B000939478
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
漢王朝滅亡(二二〇年)の衝撃は、この国に大きな岐路をもたらした。流浪の英雄、蜀の劉備。一流の詩人でもあった魏の曹操。老獪な現実主義者、呉の孫権。そして朝鮮半島と邪馬台国をめぐる国際関係。一〇〇年の混乱を経て、中国に統一帝国を志向する理念が確立する。日本人に最も親しまれてきた外国文学『三国志演義』から解き明かす大抗争の時代。

[目次]
序章 華麗なる乱世
第1章 斜陽の漢帝国
第2章 群雄割拠
第3章 三分天下
第4章 三帝鼎立
第5章 三国の外交と情報戦略
第6章 かげりゆく三帝国
第7章 三教鼎立の時代
第8章 文学自覚の時代
第9章 邪馬台国をめぐる国際関係
終章 三国時代と現代の東アジア

 類似資料