このページのリンク

<図書>
テツガク ノ ヒント
哲学のヒント / 藤田正勝著
(岩波新書 ; 新赤版 1413)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2013.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 100||F67 1000502937


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||a||1413 2211083769

書誌詳細を非表示

出版年 2013.2
大きさ vi, 201p ; 18cm
一般注記 引用・参考文献: p195-201
本文言語 日本語
著者標目  藤田, 正勝(1949-) <フジタ, マサカツ>
分 類 NDC8:100
NDC9:100
件 名 NDLSH:哲学
ISBN 9784004314134
NCID BB11749423
書誌ID B000514298
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「生きた哲学は現実を理解し得るものでなくてはならぬ」(九鬼周造)。なぜ今日の空は美しいのか、親しい人を喪うとはどういうことか、私とは何か―哲学の問いはつねに日常のなかから生まれ、誰にとっても身近なものである。古今東西の思想家の言葉をたどりながら、読者それぞれが「思索の旅」を始めるためのヒントを提供する。

[目次]
序章 「対話」としての哲学
第1章 生―「よく生きる」とは
第2章 私―「有る私」と「無い私」
第3章 死―虚無へのまなざし
第4章 実在―「もの」と「こと」
第5章 経験―生の「脈動」に触れる
第6章 言葉―「こと」の世界を切り開くもの
第7章 美―芸術は何のために
第8章 型―自然の美、行為の美

 類似資料