このページのリンク

<図書>
ショウゲキ ノ マンヨウシュウ デンポン シュツゲン : ヒロセボン デ デンポン ケンキュウ ワ コウ カワッタ
衝撃の「万葉集」伝本出現 : 廣瀬本で伝本研究はこう変わった / 田中大士著
(塙新書 ; 085)

データ種別 図書
出版者 東京 : 塙書房
出版年 2020.9

所蔵情報を非表示



越谷_日文科04
1000607780

書誌詳細を非表示

出版年 2020.9
大きさ 3,171p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:衝撃の万葉集伝本出現 : 廣瀬本で伝本研究はこう変わった
本文言語 日本語
著者標目  田中, 大士 <タナカ, ヒロシ>
分 類 NDC8:911.12
NDC9:911.12
NDC10:911.12
NDLC:KG34
件 名 BSH:万葉集
NDLSH:万葉集
NDLSH:写本 (日本語)
ISBN 9784827340853
NCID BC03010745
書誌ID B000937505
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
古典文学はどのようにして現在まで伝わってきたか。一九九三年の廣瀨本万葉集の発見報道から四半世紀。廣瀨本出現によって万葉集の伝来の様相はどう変わったか。万葉集の伝本研究の現在を描き出す。

[目次]
序 廣瀨本『万葉集』の出現
第1章 廣瀨本以前の伝本研究
第2章 廣瀨本で何がわかったか
第3章 片仮名訓本系統と仙覚校訂本
第4章 忠兼本と片仮名訓本系統
第5章 系統上の廣瀨本の位置
第6章 「九十余首なき本」の系譜
第7章 通説と齟齬
第8章 片仮名訓本系統の性格
第9章 江戸時代後期の写本
第10章 定家本としての廣瀨本

 類似資料